2006年05月12日

ヒストリー・オブ・バイオレンス

ヒストリー・オブ・バイオレンス
 
最近、映画館に見に行ったので、忘れないうちに書きます。

ストーリー

インディアナ州の小さな町の田舎町、トム・ストールは妻エディ(弁護士)、それに2人の子供たちと幸せに暮らしていた。トムは小さな食堂を経営しており、夫婦仲も良好。(上の子が高校生くらいであることを考えると、ありえないくらいラブラブなのだ)。 慎ましやかながらも順風満帆。

けれども、ある夜、トムの食堂が二人組の強盗に襲われることから世界が崩れ始める。閉店を告げるトムを無視し、注文をする強盗。銃を取り出し、出入り口のドアを塞いでしまう。トムがレジを開き、有り金を渡して出て行ってもらおうと交渉するが、埒があかない。ついに強盗は客の頭に銃を突きつける。臨界点を越えつつある危険にトムは隙をついて銃を奪い取り、無駄の無い動きで二人の息の根を止める。店員、店の客を救う「有り得ないくらい完璧な」正当防衛だった。

テレビカメラが押し寄せ、新聞の一面を飾る。トムは一夜にして有名になった。居心地の悪さを感じるトムだったが、家族は彼のとった行動を誇りに思っていた。そして、またいつも通りの家族の静かな生活に戻るはずだった。

 数日後、ニュースの影響で大盛況の店に、違和感のある男フォガティとその手下がやってくる。まるで古い友人のように彼はトムのことをジョーイと呼んだ。トムは人違いであると答えるが、フォガティは掛けていたサングラスを外し、えぐれた片目を見せ付けて笑ったあと、店から出ていく。

その日からフォガティのかげがストール家に付きまとう。





監督はデヴィット・クローネンバーグ。作品としては「ザ・フライ」が有名です。その他の作品としては「ヴィデオ・ドローム」「戦慄の絆」「裸のランチ」「イグジステンス」等。人間がそれ以外の何か(機械、えたいの知れないもの)に変わってしまう映画を撮り続けているちょっぴり変態さん。本作では暴力と暴力の残す影響により、世界(一つの家庭)が一転する様を描いています。

 テーマ性ゆえ彼の作品は突飛な世界で描かれることが多いのですが、ヒストリー・オブ・バイオレンスはアメリカの田舎町を舞台にしている為、突き抜けた展開はありません。

 しかし、暴力シーンのリアルさ(そばで人が殺されたかのような嫌ぁ〜な気分にさせてくれる)は十分にクローネンバーグ印なので、ファンの方にもお薦めです。クローネンバーグの映画にはいつも生々しい生や死が描かれますが、彼の経歴を見てすこし納得。大学は生化学専攻でした。若い頃から好きだったのね。

主人公、トムをヴィゴ・モーテンセン。有名な作品でいえば「ロード・オブ・ザ・リング」のアラルゴン。しかし、下積み時代の「悪魔のいけにえ3」をフィルモグラフィーから消したとの噂が・・・。誰にも消したい過去がある。寡黙な男を背中で演じる力量はそうやって育まれたのかもしれません。作中の彼の無表情はかなりの説得力です。

妻、エディにマリア・ベロ。自然と映画に溶け込んでしまうけれど、しっかり存在感をみせる実力派女優さんです。要塞警察のリメイク、「アサルト13」での神経質な精神医役も良い演技でした。

忍び寄る男、フォガティにエド・ハリス。この映画で一押しのキャラです。自分の目をえぐった男にじわしわと圧力をかけていく不気味な迫力に積年の恨みを感じます。『相手はすでに社会的地位を得て、逃げることができない。熱くなることはない。ゆっくりと、この瞬間を楽しもう。』といった感じの彼の演技はベスト・オブ・悪人です。
posted by ねこめ〜わく at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。