2006年05月13日

ブロークン・フラワーズ

かつてのプレイボーイ、ドン・ジョンストンも年を重ね、斜陽気味。
恋人のシェリーも荷物をまとめてドアのそば。
「老いたドンファンに用はないの」
家を出て行ってしまう。

丁度、その頃届いていたピンク色の封筒。

人生ってフシギないたずらをするものね。
あなたと別れて20年が経ちました。
息子はもうすぐ19歳になります。
あなたの子です。
別れたあと、妊娠に気づいたの。
現実を受け入れ、ひとりで育てました。
内気で秘密主義の子だけれど、想像力は豊かです。
彼は二日前、急に旅に出ました。
きっと父親を探すつもりでしょう・・・。


差出人も住所も無い。

ミステリ好きの隣人の説得もあり、彼は差出人を探す旅に出る。




「復讐だとしたら、すごく素敵だなぁ。」と感心してしまいました。
全部、自分でけじめつけてから、涼しい顔して爆弾を放り込むの。
ほ〜ら、わたしを探してごらん。覚えているでしょ?


posted by ねこめ〜わく at 23:57| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。