2006年07月02日

UFO少年アブドラジャン

 UFO少年アブドラジャン

 ストーリー   DVDジャケット引用

 ウズベキスタンのとあるコルホーズ集会では、モスクワからの重大な電報が読み上げられていた。なんと、未確認飛行物体がこの村にやって来るらしい。村人は大騒ぎ。そしてある夕暮れフラフラと着陸したUFOと、そこから這い出てきた〈完全生命体〉の少年を見つけたのは心優しい農夫・バザルバイだった――。アブドラジャンと名付けられた少年の不思議な力で、畑の野菜は巨大化し、村人は〈空飛ぶクワ〉で飛行を始める始末。だが、彼の存在に軍隊が気付いてしまう・・・!

 


 登場する人物が心優しい人ばかりで、もし仮に、宇宙人が居たとしたら、こんな村に降りてきて欲しいと思ってしまう映画です。

 バザルバイがアブドラジャンに「盗む」という言葉を教えるシーンがあります。(アブドラジャンの世界には「盗み」が存在しないってコトなので、それはそれですごい。)言葉を教える際にバザルバイは硬貨を使うのですが、今度はその硬貨についての説明を求められます。お金が大切なこと、それでバザルバイの生活も成り立っていることを聞いたアブドラジャンは、大きなお金を作り彼に手渡します。文字通り大きなお金です。使えないモノですが、その奇跡にバザルバイは喜びます。今度は手持ちのお札の数を増やしてくれるよう、アブドラジャンに頼みます。

 その後、窯でモジョモジョするアブドラジャン。ザル一杯にお札が出来上がりました。バザルバイ大喜び。札を手に取り確かめます。書いてある文字を読み上げるバザルバイ。

 なになに?
 「政府発行の紙幣を贋造した者は法律で罰せられます」

 その後、燃え盛る窯の前で打ちひしがれる二人。紙幣をくべるバザルバイと、彼にもたれかかるアブドラジャン。



 こういう言葉は嫌いですが、「観たら、優しい気持ちになれる映画」です。



 ウズベキスタンと聞いてパッとイメージが湧く方は少ないと思われます。日本の都道府県の位置さえマトモに覚えていない、僕のような人間にはとっては、その地理さえあやふやなものです。大雑把に言うと、場所はロシアとヨーロッパを繋ぐ中央アジア。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/uzbekistan/index.html
 国民の80%はウズベク人で、主に信仰している宗教はイスラム教スンニ派。主な産業は綿花、天然ガス、石油、金。農業には不向きみたい。

 「地球外生命体」のままでは捕まってしまうので、アブドラジャンはバザルバイの隠し子として生きることとなります。急に降ってきた子供に、周囲の人間は戸惑うかと思われましたが、そうもなりませんでした。他所で子供を作ってくるのも男の甲斐性として捉えられたからです。イスラム社会だから?
とはいうものの、身内に関してはそうも行きません。(奥さんは大怒り。即刻、家族会議。)最後には奥さんも「子供には罪が無い」と許してくれるのですが。


 映画ではとても暖かい村ですが、現在の情勢はまったくもっての安全とは言えないようです。本作を見て旅行に行きたいと思った方、どこに行こうが注意するのが当たり前ではありますが、一応参考までに。

 ウィキペディア「ウズベキスタン」引用

 これらは19世紀に北からのロシア帝国に征服され、ロシア革命後はソビエト連邦下の共和国を経て、1991年のソ連崩壊によって独立し、同時に独立国家共同体に加盟した。独立後、カリモフ大統領が権力を集約し、ほぼ独裁政権となって統治している。
 2005年5月13日に東部アンディジャンで発生した反政府暴動鎮圧事件で市民に多数の死者が出たとの情報があり、ヨーロッパ諸国・国際連合などから「人権侵害」との非難が挙がっている。また、これまで反テロの同盟国として協力関係にあった米国も態度を変化させ民主化要求を行い始めている。一方、カリモフ大統領はイスラム過激派による武力蜂起だとして欧米側による報道を批判し、国際調査団を受け入れる考えのないことを表明している。また、2001年のアフガン侵攻以来、米軍の駐留を受け入れてきたが、2005年にこれを解消し、米軍は撤収することとなった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%BA%E3%83%99%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3


 外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=183
四段階評価で数が大きくなった方が深刻。
レベル1、十分注意してください。
レベル2、渡航の是非を検討してください。
レベル3、渡航の延期をおすすめします。
レベル4、退避を勧告します。渡航は延期してください。

posted by ねこめ〜わく at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。