2007年05月07日

「屁」と「オナラ」

FM802のヒロティ モーニングジャムという番組の中に「語源の旅」というコーナーがある。身近な言葉の語源を紐解く企画なのだが、たまにラジオをつけるとついつい聴き入ってしまう。

本日のお題は「屁」と「オナラ」。

「オナラ」とは「屁」の婉曲表現で、「(音を)鳴らす」から来ているらしい。
つまり、音がならないのが「屁」、なるのが「オナラ」となる。
「すかしっ屁」とか言うもんね。

ここで何の学術的見地にも立てず、考えてみた。同じお尻から出てくるガスでありながら、「屁」には強烈な臭いをイメージし、「オナラ」にはそうも強いイメージを抱かないのか?


零、「屁」=へ。は行は抜ける音なので、強いイメージを抱かない。

一、自発的に吐き出す「オナラ」に較べて、我慢に我慢を重ねた「屁」には圧縮された濃度がある。

二、堪え切れず漏らしてしまう場合でも、ばれないように済まそうとする「屁」には勢いがなく、空気中に分散し難い。知覚してしまった頃には濃いエッセンスのすぐ傍にいる。

三、「オナラ」は発覚するので、周囲の人間に事前に覚悟が生まれる。「その場から離れる」、「鼻をつまむ」等なんらかの対策が講じられる。対して「屁」は無防備な人間を襲う。容赦無く襲う。

四、臭気の薄い、または関知されなかった「屁」は「屁」とカウントされない可能性。我々はここに大きな犯罪を見落とし続けてきたのかもしれない。
posted by ねこめ〜わく at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。