2007年10月10日

ジョゼと虎と魚たち

「ジョゼと虎と魚たち」

池脇千鶴演ずるところのジョゼは低い声で、しかめっ面、親無し下半身麻痺。

心が山嵐になってる女の子。

同居する老婆に乳母車を押して貰いの散歩中、妻夫木聡演ずる恒夫と会う。

恒夫はジョゼが住む借家を度々訪れる。彼女の心が少しずつほどけてゆく。

やがて老婆は無くなり、ジョゼはひとりぼっちになる。

恒夫は、彼女と旅に出る。




暗闇に眠っていた混じりっけのない想いは、
綺麗で無邪気な分、軽くない。

美し過ぎる映像が刹那を感じさせる。









と、まぁ、池脇千鶴は大層美しく、可愛く、魅力的でありました。

「帰れ」とか言いながら、背広の背中を掴むの。
あの可愛らしさは反則。
あれで帰れたらド外道決定。
posted by ねこめ〜わく at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。