2006年06月10日

カルーア・ラテ

カルーア・ラテ


たまたま入ったバーで「デザートっぽいカクテル」と注文したら出てきた。コーヒーのリキュール、カルーアを適量の牛乳で割り、それを電動泡立て器で泡立てる。泡が落ち着いたら、シナモンをサッとふり掛け出来上がり。


「なんだ、泡立てたカルーアミルクじゃん。」と思った人、正解。


しかし、注ぎたてのビール並みの泡があり、飲み物にあるはずない食感が生まれて・・・別モノとなっている。同じラテとは言え、コーヒーにはない粘り気がカルーアリキュールあるから、泡が図太い感じなのね。


その後、その味が忘れられず、電動のミルクフローサー(泡だて器)を購入。勇んで製作を試みるも、何故かあのバーの味は出せなかった。


ミルクの温度が違うのか?ミルクの質か?泡立てる場所、時間に違いがあるのか?単にカルーアとミルクの割合の問題か?試行錯誤の結果、それっぽくはなったものの、いささか物足りない。はじめて見た時のイメージが強烈だったから、より美味しく感じただけかもしれないけれど。


とは言えウダウダ言いつつ、結構おいしく頂いています。泡だて器サイコー
posted by ねこめ〜わく at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。