2006年06月23日

ワールド・カップ雑感

 先日のサッカー・ワールドカップ、残念でした。

「日本はアジアの中で着実にレベルを上げてきた」と思っておりましたが、世界とのレベルの差はまだまだ大きいようですね。

 多くのサポーターが「前回より日本が強くなっている」と信じていたことと思います。「実力で本大会出場を狙える」と。

 世界最強チームとの戦い、おまけに条件がえらく厳しい最終戦まで、早朝とは思えない視聴率でした。

 素人が言っても何の説得力も持ちませんが、日本は着実に強くなっていると思います。大きく水を空けられたように見えるのは、サポーターの期待値が高くなってきていること、世界とのレベル差が具体的に解るようになったこと(それくらいにはレベルが上がった)を示すものでは無いでしょうか?

 前回は開催国だったので、アドバンテージがありました。

 こういう場合、マスメディアは基本的に煽るものです。どこの国のメディアも「自国が本戦に出場できる」と口にすることでしょう。でも、それらのことは、度が過ぎなければ問題の無いことです。実際のことは戦わなければ解りません。

 また、送り出したサムライを信じずに、彼らの成功の果実だけ享受するなんてありえない。僕たちにできることは、彼らの信じ、応援することだけです。

  ただ、マスメディアの実際以上の煽りの部分に過敏に反応することは、やっぱり、問題です。流れてくる情報には必ずベクトルがあり、マスメディアがいくら客観的になろうとしたとしても、取捨選択の時点で、バイアスはかかってしまう。さらに、彼らには視聴率という足かせがあります。間を置いて捉えることも時には必要かと。

 信じることは大切です。けれど、絶対なんて存在しません。勝つことを当然と思って、八つ当たりなんて格好悪い。本当のサポーターなら、この苦い現状を認識し、これからの彼らを見守っていくことでしょう。

 中田選手が言った「今日出た実力が今の実力」なのです。


 柳沢選手だってわざとやった訳じゃないのです。

 水をぶっかけたり、卵を投げつけたりしないで欲しいものだと思います。 彼らが一番、悔しいのですから。
 http://www.youtube.com/watch?v=gp1MqPG8M30&eurl=
posted by ねこめ〜わく at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19737633

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。