2006年07月04日

背徳のレディ・ボーデン

 ハーゲンダッツ、昔で言ったらレディ・ボーデン。

 高いアイスは普段食べない。

 金銭面の理由もあるけど、ありがたみがなくなるから。コンビニで買ったラクトアイスの食感に慣れてしまったということもある。

 食の安全・安心Q&A アイスクリームとラクトアイスの違い
http://www.cfqlcs.go.jp/technical_information/consumer_consultation_case/tamago.htm

 今のラクトアイスは改良が進み、(卵等の)コクがあって馬鹿に出来ない味だけど、昔のラクトアイスって、アイスクリームの廉価版ってイメージがあった。その頃は、近所でアイスクリームは販売されておらず、ほとんど食べる機会も無かった。だから、その違いにも気にならなかった。

 ただ、たまたま、どこかから届いたアイスクリームの味が頭に残っているうちは、ラクトアイスの素っ気無さに驚いたものだ。「こんなの食べていたんだ。」


 違いを理解できたところで、問題が解決する訳ではない。アイスクリームが残っている限り、真夜中にいそいそと冷蔵庫に向かうのだ。

 「これくらいなら、食べてもバレない。」

 「いやいや、これくらいなら、まだまだ。」

 「まだまだ。」

 随分と減ってしまったアイスクリームを見て、発覚を恐れはするものの、満足すれば、眠くなり、眠くなったら眠るのが子供というもの。どうでもよくなって、床に付く。



 翌日、そんな行動などお見通しの母親の追及が始まる。

 予見していたなら未然に防いでもらいたいものだが、それは泥棒の言う台詞じゃない。お約束どおりの虚偽の申告をするのだが、それらはことごとく、冷たい笑顔で流される。いつの間にか無くなってしまうアイスクリームなど、この世には存在しないのだ。真実の輪郭をなぞる素振りも見せず、核心を突いてくる、閻魔。

 「やったのか?」

 「・・・やりました。」



 その後の記憶はひどく曖昧なものでした。記憶に残るはアイスクリームの甘さのみ。かくして、成長しない人間はいくつかの記憶の欠落と甘いアイスクリームの味を心に残し、大きな子供になる。



 気付きもしないうちに、レディ・ボーデンはハーゲンダッツにその位置を奪われていた。どこに行ったものかと思っていたのだが、ここ最近、映画館にてレディ・ボーデンを見つけ、食べた。美味しかった。記憶に残る、背徳の味では無かったが。
posted by ねこめ〜わく at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。