2007年01月01日

桜庭さんはK1に搾取されるのをやめて、指導者に回られてみては。

またもK1で疑惑の判定が生まれたようで。
http://topics.sports.livedoor.com/article/detail-3731769.html
そして、またしても被害者は桜庭さん。

一方から抗議が起こったら、調べてみるのが審判だと思うのですが、この審判は何故か行動を起こさない。一言で示すなら「往年の悪徳レフリーにジャッジを任せたよう」。

格闘技って本気で鍛えている人たちが殴ったり蹴ったりします。だからこそ、スリリングだし、面白い。そして、そういう世界だから、主催者側には大事故が起こらないように気を配って欲しいし、真剣勝負に水を差すようなヌルいジャッジは止めて欲しい。選手にも観客にも失礼にあたる。

審判には訳も無くそうする必要が無いから、なんらかの「大人の事情」が在ったと考えるのが相応なんでしょうな。
posted by ねこめ〜わく at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。