2007年08月06日

恐怖劇場 アンバランス 3話「殺しのゲーム」

恐怖劇場 アンバランス 3話「殺しのゲーム」

あらすじ
〜ジャケット裏引用〜
自分が不治の病である事を知った岡田(岡田英次)のもとに、見知らぬ男が現れた。鈴木と名乗るその男は、自分もまた余命いくばくもないことを告げ、岡田に「奇妙な提案」を持ちかける。だがそれは、死の恐怖から逃れるため“互いの命を狙い合う”という「殺しのゲーム」だったのだ−。


物語を読み終えた際、余韻を残す作品は楽しい。ゲームに関わりたくない岡田と執拗に迫る鈴木。鈴木にとって向かってこない岡田を殺すことはゲームにならない。『平行線を辿るかに見えたゲームが何によって変化をきたすのか?』がこの映画の肝にあたる。

自身の命が消え去りそうな時でさえ残る激情って一体どんなものなのだろう?

観終わった後、ゲームのルールを作った鈴木の捩れた愛情を想う。

岡田が別の選択を選んだなら、鈴木はどう振舞っただろう?

鈴木の言葉はどこまで真実だったのだろうか?
posted by ねこめ〜わく at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50423718

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。