2007年10月19日

嫌いな言葉

中学や高校の頃、文集なんか作ると、

よくプロフィール書け!みたいなのがあって、

結構困ったんだけれども。


そうそうみんな考えて生きていないと思うのね。

学生時代って。(考えていた人ごめんなさい。)


そんでもって、
好きな言葉、嫌いな言葉の欄で考え込むのです。

好きな言葉はそれとなく済ますとして、
嫌いな言葉って何だ?

格言みたいなもんは大体が為になるものだし、
あんまり悪いことは書いていない。

身体的特徴を侮蔑するような言葉は論外だし。


考えると、

その人にとって気に障る何か、

その人の価値観に行き着くような気がするのね。

『まだ、そこまで生きていません』と思った。




大学に入って、

暇を持て余し、

余計なこと考える時間が増えて、

そのころ初めて嫌いな言葉が生まれた。



【十人十色】

口にする皆々が浮ついて見えて、

『願望、情熱、能力の欠如を

刹那的あるいは半恒久的に

忘れたいだけなんじゃないの?』

って思ったの。




・・・トンガってたみたい。








現在、嫌いな言葉は【深い】。


自身が消化しきれていない言葉、

もしくは実質的には説明が付かないセンシティブな内容を、

さも、『僕も理解してるもん!』と演出させたい気持ちが見える上に、

ひらいても三文字の言葉しか発していない体が、

一般人の枠を少しも超えられないテレビ・コメンテーターのようで、

『無理してしゃべらなくてもいいんだよぉ』と思う。





現在も多少トンガっているのかもしれない。









posted by ねこめ〜わく at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。