2006年07月27日

残るもの、消えるもの

 残るもの、消えるもの

 学生時代、国語の教科書に「記憶」にまつわる話が載っていた。
 エッセイで友人との会話形式だったように思う。

 筆者は旅行の際、何枚も写真を撮るのだが、友人はほとんど撮らないという。「何故撮らないのか?」と尋ねると、「記憶しようとする意思が薄れるから」という答えが返ってくる。「記憶」を残すために撮った写真が担保になり、意識的に風景を観なくなる、と。筆者は会話の中で、友人より記憶を残せていないことに思い至る。「記憶」を残すことに夢中になり、記憶が残らない。確かこんな話だった。もう少し長い文章だったような気もするが、前後の文章は忘れてしまった。その他に覚えていることと言えば、教師が「今を真剣に生きろ!」みたいなテーマに広げていたことくらいで。(当時は今以上に「真剣に生きる」って意味が判らなかった。教師自身が真剣に生きているのかも判別不能だったし。真剣って何だろね。)

 まぁ、いいや。

 今生の別れと思えば、何気ない日常よりは記憶に残るだろう。一度きりって思い込むことで出てくる火事場のくそ力みたいなものもあるだろう。「人間はほんの数パーセントの能力しか生かしていない」って北斗の拳でも言っていた。うん。

 とにかく、この文章を読んだ頃くらいから僕は写真を撮らなくなった。ここ最近まで頼まれてシャッターを押す以外にカメラに触ったことが無い。(携帯の写メールって便利よね。)青年期の刷り込みがいかに根強いものか分かって頂けると思う。

 しかし、顧みて自分が意識的に生きてこられたか?というと、大いに疑問が残る。大概、無自覚に生きてきた。人生、ごめん。僕に吸われた酸素、ごめん。

 結局のところ「意識的に生きている人間の一部が、写真を撮らないのであって、写真を撮らないと決めた全ての人間が、意識的になれるって訳じゃない。」なんて、ありきたりな結論に行き着く。

 思い返してみると、随分と胡乱な人間なので、ほとんどの記憶が断片的なイメージでしか残っていない。トレースできるのは、自分が面白がったものを中心に、半径50センチくらいの興味を細い糸にして繋いだ記憶のワッカ。だから、大好きな映画の話をする時でさえ、正確にあらすじを語れない。悲しいことだが、考えても無駄なので、気に入ったものは忘れたころに手にとって観返すことにしている。ザルに水を溜めたいなら浸けておこう。とりあえず、水が溜まっている気分は味わえる。

 このようにして同じものを何度か観ることがあるのだが、毎度、同じ感覚を味わうとは限らない。体調、心境の変化?何がきっかけになるのかは分からないが、以前面白がった所がそうでもなかったり、気にならなかった所が印象に残ったり、と感覚に変化がある。(元々の読み取りが甘かったって可能性もあるけど。)そういうのが楽しくもある。

 記憶って何かって考えると難しい。一期一会の精神も確かに大切だけれど、予備知識無しに見たり、ぼんやりと眺めたり、ポイントを定めて観たり、様々な角度から見ることで補完されることもある、と思う。

 映画館一度っきりじゃあ、多分、人の半分も記憶に残らないから、大好きな映画は手元に残す。真っ当な人生を押しのけて、DVDを買い散らかしてゆくのだ。なけなしの銭を撒き散らして地に堕ちていくのだ。わはは。
posted by ねこめ〜わく at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

メイド喫茶にいく

 メイド喫茶にいく。

 とある理由で、メイド喫茶にて昼食を取った。
その雑感。

 店のキャパシティは45〜50人程度だったが、ウェイトレスの数は5人。通常の喫茶店なら、多くて3人くらいだろう。メイドさんが目玉の商売だから当然かもしれないが、人件費は多く掛かりそうだ。調べた限り、時給は1000円程度。通常の給仕さんよりは高いだろうが、思ったより高くない。



 通常の喫茶店との違い。

・特有の言い回し。「お帰りなさいませ(行ってらっしゃいませ)、旦那様(お嬢様)」等。
・画一化された化粧。内規がありそう。
・客の行動に対して禁止事項が明記されている(撮影禁止等。普通の喫茶店では注意する必要の無いことが必要になるのね)。
・服装。フリルのついたメイド服
・内装。絵皿、紅茶の缶などを外壁に飾っている。



 服にしろ、内装にしろ特にお金が掛かっている様子は無く、雰囲気作りに止まる。店の外観(内装、服)よりも給仕さんの内規にメソッドがありそうに感じた。給与以上に仕事が複雑に見えたのだが、よくこなしていた。なりたくてなる仕事だからかもしれない。

 味は中の中。価格もごくごく平均的。しかし、店内はほぼ満席だった。通常の喫茶店ではこうはいかない。仮に自分が経営者になったつもりで、50人規模の喫茶店を満員にする方法を考えてみた。浮かばない。ぜんぜん、浮かばない。

 低価格路線、ドトールやスターバックスみたいなのは、大規模にチェーン展開できる資本が無いと無理っぽい。看板が大きな鍵だから。

 味で勝負といったところで、それは正直に価格に反映される。高くて美味しいものは他にも在る。

 値頃感を出そうとすると薄利になる。ていうか万人がコーヒー、紅茶の味に深い関心を持っていると思えない。価格、味のみでの目標達成は厳しそうだ。

 そう考えるとメイド喫茶はよく出来た商売だと思う。立地の問題はあるが、運営に特異な技能が必要なくフォーマットが存在する。見た限り、回転率が高く、リピーター率も高そうだが、人件費以外には特別な費用が掛からず、高収益を保てる。

 コンセプトの勝利かなぁ、と。
posted by ねこめ〜わく at 21:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

殺人捜査

 殺人捜査

 ストーリー   allcinema引用

 ローマ市警の本部長が、愛人と口論のあげく、彼女を殺害してしまう。警察の捜査が進む中、彼は自白するが、当局の上層部は誰もそれを認めない……。権力の甘い罠をテーマにした社会派ドラマの傑作。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=8768




 社会派ドラマという側面もあるのだろうが、僕には虚栄心の話に思えた。ひずんだ自分を 立派に見せる肩書き。この男の場合、役人でその上、警察の偉いさんってところに権威と権力の衣があって、多くの人間は容易くなびいてしまう。しかし、そのような枠組みも、外にいる人間にはあまり用をなさない。愛人に本質を突かれて、取り乱し、殺してしまう。たくさんの証拠が残したにも関わらず、捕まらない私。さすがは本部長、かすり傷一つ無いぜ。しかし、考えてみると、私は誰の目にも映らないのか?愛人に突かれた部分は確かに自分だった。今の私は何処にいる?こんなに私の痕跡を残しているのに、どうして、皆が素通りするのか?何故だ?こんなに偉い私を、何故見ようとしないのだ?

 なーんてな。
posted by ねこめ〜わく at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

「老い」の瞬間

 昔、読んだエッセイの中で、ある女性シンガーが老いを自覚した瞬間について吐露した文章を思い出した。夢を見せることを生業にする彼女たちにも、自失する瞬間がある。僕はこのことに強い衝撃を受けた。


 幸い、今まで年を感じることはなかったのだけれど、ついに僕にもやってきた。
 彼女が体感したものと全く同じ「老い」の瞬間が。



 天下一品こってり特大完食ならず。

 空腹にも関わらず完食できなかったことに、一つの時代の終焉を感じた。さらば、青春の光。今ならば笹野みちる御大の気持ちが分かる。

 天下一品・・・通称「天一」。京都に本店があるラーメン・チェーン。高濃度のスープと、そのスープによく馴染むモチモチ麺が特徴。食したことのない諸兄には、どれくらいの濃度か分かって頂けないと思うので、実例を上げる。「鉢の中心に箸を差し込んで、手を離す。倒れない。」他に無い味で、友人の言葉を借りるなら、「あれはラーメンというより、天一。」
posted by ねこめ〜わく at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

暗黒街の弾痕

暗黒街の弾痕



ストーリー 

刑務所を出所した前科者エディは、恋人のジョーンと結婚し、真面目に働いてゆくことを決意する。しかし、世間の前科者に対しての風当たりは冷たい。エディは真面目に働こうと思っていても断られ、宿にも泊まれず怒りと苦しみだけが募ってゆく日々。そんな時、銀行が何者かに襲われ、エディに濡れ衣が着せられる。

http://www.pc-success.co.jp/dir/catalog/V0116/V01162F501O0E.html






 原題「You only live once」。訳すなら「人生一度っきり」となるのかな?


posted by ねこめ〜わく at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

影なき裁き

 影なき裁き

 ストーリー  DVDジャケット引用

 アフリカでヴードゥー教の恐ろしい体験をして神経を病んだミッション・スクールの女教師グエンは、回復してから英国の片田舎の私立学校に職を得た。遠路遥々やって来たグエンを町の人々は暖かく迎え入れてくれたが、やがて彼女の周辺で奇怪な現象が起こり始める。1人調査に乗り出したグエンだが、そこは邪教が支配する恐ろしい町だった!


 
 
 ハズレを引いた時、リアクション過程。

 自身の不見識さ、見立ての不味さの認識。何に惹かれて手に取ったのか冷静に考えて、自分の弱点を覚えておく。同じ過ちを繰り返さない為の検証。具体的には作品の製作過程、製作関係者、関連作品のチェック。距離の取り方を把握できたなら、精神衛生上、その作品で楽しめる場所を探す。

 製作が1966年なんだけど、この頃は邪教崇拝ネタはタブーだったらしいのね。ロマン・ポランスキー監督の「ローズマリーの赤ちゃん」でさえ、この二年後の作品だし、最先端かも。

 主演は「レベッカ」、「断崖」のアカデミー賞女優ジョーン・フォンテイン。しかし、この映画の演技は(現在の感覚でいくと)相当オーバーアクションなので、当時どのように捉えられていたのか?気になるところ。この映画の演出方法が不味かったのか?それとも、全般的にこういう演技が受けたのか?舞台でも、無声映画でも似合いそうに無い演技が感慨深い。
 
 純朴さが裏返った時の恐怖は普遍的なテーマである。

 儀式の様子も学園祭の出し物感覚で観たら楽しい。

 脇を固める役者さんにキャラが立っている人が二人ほど!

 ハマー・フィルムのあだ花として、エポック・メイキングとして!(要はハマーに興味が無い人間は観る必要が無いってこった。)
posted by ねこめ〜わく at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

ローズ・イン・タイドランド

 ローズ・イン・タイドランド

 ストーリー   
 「不思議の国のアリス」を愛読するジェライザ・ローズ、十歳。彼女の日課は両親の「世話」。具体的に言うと、元ロックスターのパパがクスリで「バケーション」することのお手伝い。すっかり太ってしまったママの脚をマッサージ。
 パパはお気に入りの「ユトランド」の地図を前に今日も「バケーション」。旅から戻ると寝ているローズを揺り起こし、二千年以上も地底で眠り続ける「沼男」の話をする。翌日、クスリのやり過ぎでママが亡くなる。ママを盛大に送り出したあと、パパとともにローズは旅に出る。「ユトランド」を目指して。



 監督、テリー・ギリアムは現実とメルヘンの地続きを描く作家さん。SF、ファンタジー、アクション、サスペンス、ホラー。映画館には浮世離れした話がザラにあるけれど、ギリアムさんの作品の特徴はその境界を強く意識させるところある。

 タイドランドは干潟の意。大地と海の間。

 現実もメルヘンもそれ単体で終わらない。現実がメルヘンを生み、メルヘンに生きることで現実に若干の影響を与える。ただ、当然のことだが、ありきたりな思念ではその境界を行き来できない。主たるキャラクターは強力な思念の拠り所を持つ者である。偶然、とばっちりのケースもあるが、彼らが立った地点はちょうど境界線上で、僕たちが立ち入れない場所である。(実際に行き来できる人は保護者同伴で病院へ行こう!)

 だから、彼らを観ているだけで、面白い。彼が何を避け、何を求め、何に壁を感じるのか?体感することは無いけれど、これらの問い掛けは僕たちの心の中にもあることだから。

 登場人物が境界線を易々と行き来することに違和感を覚えるかもしれない。けれど、その引っ掛かりこそが彼の作品の印象になる。逆にいうとあって当然。だから、憐れんだり、呆けたりしなくていい。登場人物は立派に生きている。

 大入り満員、立ち見も出た上映の客層はほとんどが女性。期待していたモノとは少々違ったみたいで、フラフラとその場を離れていった。

 ギリアムさんの映画は明るいメルヘン、暗いメルヘンと大抵しっかり分かれるのだけれど、本作はどうだろう?今までの作品は多分暗い方が多い。けれど、本作は簡単に識別し難い。人による、だろうか?

 「サイレント・ヒル」でも娘役で良いトコを持っていったジョデル・フェルランドが主演。映画を観て、「これは彼女しかできない演技だ」と認識した。人形の頭を指人形に見立てての一人芝居は天才子役ダコタちゃんにさえ不可能に思える。
posted by ねこめ〜わく at 23:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

チョコミント

 チョコミント

 ハーゲンダッツには、チョコミントが無い。


 理由は分からない。

 大人の男女の至福のひとときを示さないほど、スノッブだからか?
 技術的にどこが作ろうが同じ味になるからか?

 ともかく、ない。



 そもそも「ハーゲンダッツに是非作って欲しい!」と切に願っている訳では無いのだが、町に出て、見かけるアイスと言えば、ハーゲンダッツ。このことはサーティワン派の僕にとっては苦々しいことだが、現に選択肢無いのだから、ハーゲンダッツは観念して、チョコミントを作るべきだ。



 チョコミントのファンは少なからず居る、はず。
 
 カクテルにもチョコミント味はある。その名はグラスホッパー。日本語に訳したらバッタ。カクテルの色が若い緑だから、そういう名前が付いたのだろう。

 ただ、カクテルに強いバーでなければ、材料となるホワイトカカオのリキュールが置いていない。よって、そうでないバーだと、黒いバッタを飲むことになる。大丈夫、味に変わりは無い。

 昔、とあるバーで泥酔した自称、香料会社の役員さんと酒を酌み交わしたことがある。と言っても、たまたま、そこに居合せただけだが。

 彼曰く、香りというものはサッパリ目はサッパリ目と、コッテリ目はコッテリ目と掛け合わせるのがセオリーなのだそうだ。そこからいくと、チョコとミントの組み合わせは例外にあたる。また、そういう例外が優れていることは珍しいことなのだそうだ。

 話半分で聞いて、確認を取っていないので真相は分からないが、まぁ、話半分で酒の肴にでも。
posted by ねこめ〜わく at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

サイレントヒル

 「サイレントヒル」

 ストーリー   公式ホームページ引用

 その街に、一歩踏み込めば、後戻りはできない・・・
ローズ(ラダ・ミッチェル)とクリストファー(ショーン・ビーン)は、赤ん坊の頃に養女として引き取った娘、シャロン(ジョデル・フェルランド)の奇妙な言動に悩んでいた。

 ふだんは愛くるしい9歳の少女シャロンは、しばしば情緒不安定に陥り、何かに取り憑かれたかのように「サイレントヒル……」と謎の呻き声を発するのだった。

 そんなシャロンの異変に心を痛めたローズはウェストバージニア州にサイレントヒルという街が実在することを探りあて、シャロンを連れてその街を訪ねることにする。

 サイレントヒルは30年前に大火災が発生し、無数の人々が死亡した忌まわしき事件により、今は誰も近づかない、廃墟と化した街だった。携帯電話で連絡してきたクリストファーの制止をふりきって、サイレントヒルへと続く狭い山道をゆくローズ。

 しかし不意に路上に飛び出してきた少女を避けようとした彼女は車ごと山腹に突っ込み、そのまま意識を失ってしまう。

 夜が明け、目を覚ましたローズはシャロンの姿が消えていることに気づく。あたり一面、霧に覆われた道を歩き出した彼女は「サイレントヒルへようこそ」と記された看板を発見し、全くひと気がなく、不気味なまでに静まり返った街の中へと足を踏み入れる。

 やがてシャロンらしき子供のシルエットを目撃したローズは、その影を追って、街の中を彷徨い始めるのだが…

 次第に明らかになっていくサイレントヒルに隠された忌まわしい秘密。

 30年前、何がサイレントヒルで起きたのか?

 なぜ、シャロンはこの街に消えたのか?

 そして、想像を絶する恐怖の迷宮に囚われていくローズは、サイレントヒルから抜け出すことが出来るのか――。




 何より、クリーチャーが良い。

 異様で気味が悪く、それでいて目を惹く美しさがある。この作品はゲームの映画化なのだが、キャラクター・デザインはゲームから引き継いだのだろうか?ゲーム版は手を付けていないのだが、このデザインはすごい。映画に出てくるクリーチャーにはさまざまなものがあったけど(甲殻系とか内臓系とか)、基本「人」、動きで気味悪がらせるってのは新鮮だった。「人」っぽいから質感が伝わってきて、何か叫びそうで、怖い。

 クリーチャー・デザイン、パトリック・タトポロス。あんたは偉い。この人が関わっている映画を探してみると、一つあった。「アンダーワールド・エボリューション」。・・・今度見てみます。


 監督はクリストフ・ガンズ。その他の監督作品「ジェヴォーダンの獣」「クライング・フリーマン(池上遼一先生の!)」


 シャロン役ジョデル・フェルランドは存在感がある。子役って往々にして他の役者を食うことがあるけど、今回もそんな感じ。ローズ役ラダ・ミッチェルに較べると時間にして半分くらいしか画面に出てこないけど、印象に残るのはジョデルの方。この子が出ている他の作品観てみたいなぁと調べてみると、テリー・ギリアムの「ローズ・イン・タイドランド」で主役を張っていた。そりゃあ、演技うまい訳だ。 
posted by ねこめ〜わく at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

M:I:V(ミッション:インポッシブル3)

 M:I:V(ミッション:インポッシブル3)

 
ストーリー  パンフレットから引用

 今は第一線を離れて教官として日々を送る*IMFのエージェント、イーサン・ハントは、恋人ジュリアとの婚約パーティーの途中で突如ミッションの依頼を受ける。ブラックマーケットの商人、オーウェン・ディヴィアンの監視任務にあたっていたイーサンの元訓練生、リンジーが拘束されたという。エージェントのルーサー、デクラン、ゼーンと共に、リンジー救出作戦を開始するイーサン。敵との激しい攻防の末、イーサンは何とかリンジーを救出するが、リンジーの脳に埋め込まれた小型時限爆弾の作動停止に失敗し、その命を救うことができなかった。
監禁場所から押収したラップトップPCから、ローマでディヴィアンの取引が行なわれることが判読され、イーサンはディヴィアンを拘束すべくルーサーたちと共にバチカンに向かう。だが、イーサンが自分に課したその“ミッション”は、イーサンの真実の姿を知らないジュリアの身を危険にさらすことになるのだった。ディヴィアンの周囲に飛び交うコードネーム、“ラビットフット”とは?そしてリンジーが秘かにイーサンに当てたマイクロドットに隠されたメッセージの内容は?ローマ・バチカンでのミッションが進むにつれ、やがてイーサン自身もこれまでになかった絶体絶命のピンチに陥ってゆく――。


 *IMF=International Monetary Fund(国際通貨基金)ではなくて、Impossible Mission Force。exciteな翻訳でだいたいの意味を取ってみる。不可能任務軍。お見事。



 導入部はわりとスローテンポですが、スイッチが入るとつるべ落としのようなアクションが目白押しです。また、前2作に較べるとドラマタッチです。「24(トゥエンティ・フォー)」に通じるような作風で、主人公の苦悩が強く描かれています。展開がガラリと変わる箇所もあり、その点も「24」に通じます。話の粗に目がいってしまうところも。

 この映画は大きくお金が掛かっているのですが、テレビドラマのように見えます。これだけお金が掛かっているのに、テレビドラマっぽい。何故だろう?

 ぼんやりと思うことは「この作品がとても分かりやすい」ということです。本作では一箇所だけ、意図的に説明されない部分があるのですが、基本的にはすべての問いに対し、答えが用意されています。意図が分からないものが出てこない。

 このことは「図らずも見てしまう可能性があるテレビ」と「意図的に劇場まで足を運ばないと目にする機会が無い映画」との違いなのかもしれません。テレビの方が敷居が低い分、丁寧な説明を必要とするのかなぁ?と。

 本作は、大変迫力があり、作りこみも丁寧で、そつが無く、アクション映画としたら十分に及第点は超える作品です。これ以上のアクションはなかなか見当たらない。これほど大画面に見合う映画も少ないことでしょう。劇場でハラハラしたい人にはもってこいです。金額分以上に充分楽しめます。

 ただ、映画好きとしましては、何か物足りなさを感じる。作品が解説されすぎているからかなぁ?サッパリしていて、あんまり余韻が無いのです。鑑賞中のインパクトと劇場を後にして残る印象のギャップが激しすぎるので、そう思うだけかもしれません。

 ディヴィアン役のフィリップ・シーモア・ホフマンはやっぱり凄い役者さんです。怖い。かっこいい。得たいの知れなさはさすがオスカー俳優。後期マーロン・ブランドを継承するのは彼しかいない。と、思います。

 トム・クルーズは今回も全力疾走。映画「コラテラル」の時も殺し屋なのに、自身の足をいかんなく発揮しておりましたが、今回も歯を噛み締めて、手足を大きく振り、全力で自身の限界に挑んでいます。

 このシリーズを1〜3と観て、分かったこと、思ったこと。
IMFのメンバーの基本ユニットは4人。
トム・クルーズ以外のメンツは目立たない後方支援。
主役以外の役でシリーズを通して出てくるのはルーサーのみ。
1のルーサー役ヴィング・レイムスが唯一、トム様を喰っているが、その後の作品ではお得意の笑顔を見せない。目立たない。(印象が薄いので、2,3のルーサーは別人が演じていると思っていました。1のルーサーだけがよく笑うから、彼だけは実のところマイケル・クラーク・ダンカンではないかと。)
Googleイメージ「マイケル・クラーク・ダンカン」
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%B3&hl=ja&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2

 パンフレットは上品な作りの為、僕のような下世話な人間には少々物足りないものでしたが、一箇所だけ面白かったところがあります。それは監督のJ.J.エイブラムスがインタビュー。「この作品で一番怖かったところ」と聞かれて、トムがスタント無しで行なったアクションシーンを上げています。トムのプロ意識の表れなんだけど、監督としては、生きた心地がしないだろうな、と。
posted by ねこめ〜わく at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。